カビ毒

ある種のカビが農作物に付着・増殖し、そこでカビの二次代謝産物として産生する化学物質(天然毒素)のうち、人や家畜の健康に悪影響を及ぼすものを、総称して「カビ毒(マイコトキシン)」といいます。発がん性を有するものも多いため、農作物の生産、貯蔵、加工および流通の各段階で適切なリスク管理が求められています。

検査項目

分析項目 料金
(税別)
詳細 納期
アフラトキシン
B1、B2、G1、G2、M1
1項目
20,000円
天然物質の中で最も発がん性が強く、輸入ピーナッツ・トウモロコシ・スパイスから検出される。
ピーナッツに国内基準あり
7営業日
オクラトキシン 穀類・コーヒー豆・ブドウ加工品から検出される。
ヨーロッパの基準あり
デオキシニバレノール(DON) 輸入及び国産小麦・大麦から検出される。
国内暫定基準あり
ニバレノール(NIV) 輸入及び国産小麦・大麦から検出される。
国内基準なし
パツリン リンゴの腐敗菌から産生され、リンゴ果汁によく汚染が認められている。
国内基準あり
T-2トキシン
HT-2トキシン
穀類から検出される。
国内基準なし
ゼアラレノン 輸入穀類で検出される。
ヨーロッパの基準あり

検査のご依頼

「ご依頼に際しての注意事項」をご確認の上、検査依頼書にご記入いただき、事前にFAXをお送りください。
ご依頼方法はこちら検査依頼書ダウンロード

検査項目 検査依頼書ダウンロード
029-858-3100 営業時間9:00~17:30

株式会社 つくば分析センター
〒305-0047
茨城県つくば市千現2-1-6
つくば研究支援センター D-30
TEL.029-858-3100
FAX.029-858-3106
google Mapで見る お問い合せはこちら