ペットフード

平成21年6月1日から、愛がん動物用飼料(ペットフード)の安全性の確保を図るため、「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」(ペットフード安全法)が施行されました。
これにより、ペットの健康に悪影響を及ぼすペットフードの製造、輸入又は販売は禁止され、消費者に対して適切かつ十分な情報を提供するために製造業者名や賞味期限などの表示が義務付けられます。
また、事業者は製造・輸入・販売に際してその記録を帳簿に記載することが義務付けられています。

検査項目

○対象となるペットフード

総合栄養食、一般食のほか、おやつやスナック、ガム、サプリメント、ミネラルウォーターなど犬・猫が食べるもので、動物用医薬品等以外のもの(動物用医薬品等は薬事法によって規制されますので、本法の対象外です。)

○ペットフードの基準・規格の設定

国はペットフードの製造方法及び表示の基準、成分の規格を定めることができ、その基準・規格に合わないペットフードの製造、輸入又は販売を禁止

○有害な物質を含むペットフードの製造等の禁止

有害な物質を含むペットフード等の製造、輸入又は販売を禁止

○ペットフードの廃棄等の命令

国は、基準・規格に合わない、あるいは有害な物質を含むペットフードが販売等された場合、事業者に対してそのペットフードの廃棄、回収等を命令

○製造業者等の届出

ペットフードの輸入業者又は製造業者に、氏名、事業場の名称等の届出を義務化

○帳簿の備付け

ペットフードの輸入業者、製造業者又は販売業者(小売の場合は除く)に、販売等をしたペットフードの名称、数量等を帳簿に記載することを義務化

○報告徴収、立入検査等

国と(独)農林水産消費安全技術センター(FAMIC)は、ペットフードの輸入業者、製造業者、販売業者等に対して、報告徴収及び立入検査等を実施

検査項目

ペットフードの安全を確保するため、科学的知見等を踏まえ、以下の安全基準が設定されました。

成分規格これらの物質は、それぞれの上限値を超えてペットフードに含まれてはいけません。
分類 物質等 上限値(μg/g)
かび毒 アフラトキシンB1 0.02
デオキシニバレノール 2(犬用),1(猫用)
重金属等 カドミウム 1
3
砥素 15
有機塩素系化合物 BHC 0.01(α-BHC、β-BHC、γ-BHC及び
δ-BHCの合計量)
DDT 0.1(DDD及びDDEを含む)
アルドリン・ディルドリン 0.01(合計量)
エンドリン 0.01
ヘプタクロル・ヘプタクロルエポキシド 0.01(合計量)
農薬 クロルピリホスメチル 10
ピリミホスメチル 2
マラチオン 10
メタミドホス 0.2
グリホサート 15
添加物

エトキシキン・BHA・BHT

150(合計量)
犬用は、エトキシキン75口g/g以下
亜硝酸ナトリウム(注) 100
その他 メラミン(注) 2.5

(注)は、愛玩動物用飼料の成分規格等に関する省令の改正6ヵ月後(平成27年2月20日)から適用

製造方法の基準ペットフードの製造に当たっては、以下の基準を満たす必要があります。
分類 物質等 基準
有害微生物 有害微生物全般 加熱し、又は乾燥する場合は、原材料等に由来し、かつ、発育し得る微生物を除去するのに十分な効力を有する方法で行うこと
添加物 プロピレングリコール 猫用には用いてはならない
原料全般 その他の有害物質等 有害な物質を含み、若しくは病原微生物により汚染され、又はこれらの疑いがある原材料を用いてはならない

検査料金及び納期

検査項目によって異なりますので、お問い合わせください。お問い合せはこちらから

検査のご依頼

「ご依頼に際しての注意事項」をご確認の上、検査依頼書にご記入いただき、事前にFAXをお送りください。
ご依頼方法はこちら検査依頼書ダウンロード

検査項目 検査依頼書ダウンロード
029-858-3100 営業時間9:00~17:30

株式会社 つくば分析センター
〒305-0047
茨城県つくば市千現2-1-6
つくば研究支援センター D-30
TEL.029-858-3100
FAX.029-858-3106
google Mapで見る お問い合せはこちら