あんしん直売所

農産物直売所 食の安全コンサルティング
「新鮮」「美味しい」に「安全・安心」をプラス+
「食の安全・安心」に対する消費者の意識が高い現代、お客様は農産物直売所に対して「新鮮」で「美味しい」だけでなく、「安全・安心」を強く求めています。
そこで、安全で美味しい農産物を提供するために、低予算で効果的に食の安全が確保でき、販売促進にも繋がる「直売所 食の安全プログラム」を開発しコンサルティングを行なっております。

直売所 食の安全プログラムとは

毎月の残留農薬検査を基本に、店舗の衛生検査、細菌検査、放射能検査など、各直売所のご要望やご予算に合わせてカスタマイズすることができる検査プログラムです。
さらに、プログラムに参加する直売所は、定期的に農産物の検査を行う優良な直売所として「あんしん直売所」に認定するとともに「あんしん直売所.com」でご紹介させていただきます。

特徴とメリット

プログラムの内容

残留農薬検査

定期的に農産物の残留農薬を検査し、安全を確認するとともに農薬が適正に使用されているかチェックします。

残留農薬検査の特徴

国内の登録農薬に限定した検査メニュー
日本国内で登録されている農薬および土壌残留性の高い農薬から200農薬選定した、ポジティブリスト制度に対応したメニューです。『TAC200(国産)

スピーディーな検査

検体受付後、3営業日で検査結果をご報告いたします。

わかりやすい報告書

作物ごとに異なる最新の残留基準値を報告書に記載します。

ISO/IEC17025認定試験所

試験所の能力に関する国際規格であるISO/IEC17025試験所認定を、残留農薬一斉分析で取得しています。

ISO/IEC17025認定試験所とは

試験所において特定の分析を施する所、品質管理及び高度な技術的能力を有するかどうかを権威ある第三者が厳密に審査し、認定基準を満たす場合に与えられる国際規格です。認定取得により、認定範囲において国際的にその信頼性が保証されます。

店舗の環境微生物検査

・調理器具類に細菌がどのくらい存在しているかを調べます。
・正しい洗浄・殺菌・保管がされているか確認できます。

食品細菌検査

・食品中に存在する菌の数を調査します。
・食品中に食中毒の原因菌が存在しないか調査します。
・加熱殺菌や消毒効果を把握します。
・調理器具や他食材からの二次汚染がないか調査します。
・食品の正しい保管方法がされているか評価します。

店舗の衛生検査・指導

・専門スタッフが定期的に訪問して、店舗内の問題点を目視調査でチェックします。
・施設・設備、機器・器具、食品の取り扱い、従業員の個人衛生に至るまで、問題点の指摘、改善方法のアドバイスをします。

食品ラベルの表示指導

原産地、原材料、賞味期限など、複雑な食品表示についてアドバイスいたします。

販売促進サポート

「食の安全・安心」に対する直売所の取組みをお客様にアピールし、販売促進につながるツールを無料でご提供しております。

あんしん直売所認定書 あんしん直売所シール あんしん直売所ポスター あんしん直売所のぼり あんしん直売所.com

あんしん直売所に認定された直売所を消費者にアピールするために、各直売所の店舗情報、特産品、 イベント情報などを掲載しています。

生産履歴管理サービス

生産者が提出した栽培日誌を直売所に代わって、つくば分析センターが最新の農薬登録情報を基に基準判定します。

直売所のトレーサビリティーの問題点
・提出された栽培日誌の管理ができていない
・チェックが目視のため出荷に間に合わない
・農薬の専門知識がないのでチェックが難しい
・日誌管理システムの導入費用が高い
・システムは導入したが運用していない
・日誌チェックの専門スタッフが見つからない

つくば分析センターでは、(株)アグリコンパス 生産履歴管理システム「トレースナビ」を使用して、生産者ごとに栽培日誌の用紙作成、基準判定、日誌の電子化等を代行いたします。
定期的な残留農薬検査と生産履歴管理を連動して行うことで、生産者の農薬適正使用の意識が高まり、より安全な農産物をお客様にご提供できます。

追加オプション

お客様のご要望やご予算に応じてプログラムに追加することが可能です。

  • ・放射能検査
  • ・保菌検査(検便)
  • ・スタンプ検査
  • ・栄養成分分析
  • ・土壌診断分析
  • ・土壌微生物多様性分析
  • ・衛生管理講習会
  • ・食品安全講習会
  • ・食品表示講習会

参加直売所の声

全国直売所甲子園2013 優勝「農産物直売所 みずほの村市場」の 長谷川 社長にお聞きしました。

農産物直売所 みずほの村市場 長谷川 久夫さんに聞く 安全の証が信頼の絆になる

みずほの村市場は、安全かつ安心な農産物を提供することを第一に考え、1990年にオープンしました。安全・安心な農産物を安定供給するためには、農産物の価格を農家が決め、自らの経営計画を立てなければなりません。これは、農業が産業として成り立つということです。同時に、農産物の安全を保障するという社会的責任を負うことでもあります。農産物には、使用する農薬の量など、国で定められた規定がありますが、ドリフト(周りからの影響)もないとは言えません。検査を行い、農産物の安全を保証することは、農産物を提供する側が当然負うべき責務だと思います。
そこで、みずほの村市場では、残留農薬検査をつくば分析センターに依頼し実施

しています。2008年には、農産物直売所として初めて、国際的な農産物生産工程管理基準「JGAP」の団体認証を取得。みずほの村市場の農産物が、厳しいチェック項目をクリアした農場で作られた安全な農産物であると第三者機関の審査により証明されました。この認証更新の際にも、残留農薬検査を定期的に行い農産物の安全確保ができているかという証明が必要です。
また、安全・安心であることは、農産物が健全でおいしい証でもあります。今後、食の安全を守り、農業を活性化させるためには、こうした取り組みがますます重要になるのではないでしょうか。株式会社 農業法人みずほ 代表取締役 長谷川久夫

検査項目 検査依頼書ダウンロード
029-858-3100 営業時間9:00~17:30

株式会社 つくば分析センター
〒305-0047
茨城県つくば市千現2-1-6
つくば研究支援センター D-30
TEL.029-858-3100
FAX.029-858-3106
google Mapで見る お問い合せはこちら