TACはISO/IEC17025認定試験所です 「直売所食の安全プログラム」認定所のご紹介

放射性物質

新基準に対応した放射能検査を高精度・安価・スピーディーに検査いたします。
福島第一原子力発電所における事故の影響により、原発周辺地域はもとより関東全域で農産物の風評被害が深刻な問題となっており、消費者に安全な農産物を安心して食べていただく為には、放射能検査を実施し科学的に安全を証明する事が重要です。
つくば分析センターでは新基準にもお客様のニーズにお応え出来るよう、3種類の検査コースをご用意致しましたので、自主検査にお役立てください。

放射能検査のご案内

NaI(標準コース)
測定方法 NaI(Tl)シンチレーションスペクトロメータ
コストを抑えて高精度に測定することが可能
測定機器 EMFジャパン EMF211型
測定項目 ヨウ素131、セシウム134、セシウム137
測定下限値 20Bq/kg ※1
検査料金 8,000円(税込)
検査納期 2営業日
NaI(精密コース)
測定方法 NaI(Tl)シンチレーションスペクトロメータ
1Lマリネリ容器を使用することにより
標準コースより更に低くまで測定が可能
測定機器 EMFジャパン EMF211型
測定項目 ヨウ素131、セシウム134、セシウム137
測定下限値 10Bq/kg ※1
検査料金 10,000円(税込)
検査納期 3営業日
Ge半導体検出器
測定方法 ゲルマニウム半導体検出器
検査料金 15,000円(税込)
検査納期 5営業日

詳細はお問い合わせくださいお問い合せはこちらから

検査の可否と検体必要量

  NaI(標準コース) NaI(精密コース) Ge半導体検出器
検査可否 必要量 検査可否 必要量 検査可否 必要量
野菜 500g 1.5kg 2kg
果物 500g 1.5kg 2kg
穀類 500g 1.5kg 2kg
茶葉 500g 1kg 2kg
茶葉抽出液 1.5L 1.5L 2L
牛・豚 500g 1.5kg 2kg
水産物 500g 1.5kg 2kg
加工食品 500g 1.5kg 2kg
土壌 500g × 2kg
肥料 500g × 2kg
飼料 500g × 2kg
原木・培地 500g 800g 2kg
乾しいたけ 500g 500g 1kg
牛乳 1.5L 1.5L 2L
乳児用 1.5kg 1.5kg 2kg
飲料水 1.5L 1.5L 2L
廃 棄 物 × × ×
工業製品 × × ×
尿・血液 × × ×

上記の検体必要量は検査に使用する可食部の重量を示しております。
※1茶葉から抽出する場合の必要量は100gです。抽出操作は別途2,000円加算されます。
※2加工食品の種類や状態によって必要量が変わりますので事前にお問い合わせください。
※3水分補正(乾重換算)を希望する場合は、別途2,000円加算されます。

検査の特徴

核種分析に対応
ガンマ線のスペクトル測定
ガンマ線のスペクトル測定が可能で、I-131、Cs-134、Cs-137の核種分析に対応
高感度検出器を使用
高い計数効率を持った高感度3×3インチNaI(Tl)検出器を使用
(通常のサーベイメータは1×1インチNaI(Tl)検出器を使用)
バックグランド(BG)を低減
厚さ50mmの鉛+厚さ3mmの銅または真鍮から成る専用シールドによりBGのカウントを約1/20に低減し高感度測定が可能
4種類の容器が使用可能
検体に併せた4種類の容器
検体に併せて4種類の容器(左から1L、900ml、500ml、350ml)を使用
公定法に準拠
厚生労働省「食品中の放射性セシウムスクリーニング法」に準拠

食品の放射性物質の基準値について

放射性セシウム暫定規制値(現行)
食品群 規制値(Bq/kg)
飲料水 200
牛乳・乳製品 200
野菜類 500
穀類 500
肉・卵・魚・その他 500
放射性セシウム新基準値(改定後)
食品群 規制値(Bq/kg) 食品の範囲
飲料水 10 飲料水・調理用水
牛乳 50 乳及び乳飲料
一般食品 100 乳児用・牛乳以外の食品
乳児用食品 50 乳幼児向けの飲料・食品

※平成24年4月より改正

検査のご依頼

「ご依頼に際しての注意事項」をご確認の上、検査依頼書にご記入いただき、
事前にFAXをお送りください。
ご依頼方法はこちらこの検査の依頼書をダウンロード