TACはISO/IEC17025認定試験所です 「直売所食の安全プログラム」認定所のご紹介

あんしん直売所

農産物直売所 食の安全コンサルティング
「新鮮」「美味しい」に「安全・安心」をプラス+

直売所で販売される農産物に対して「新鮮」で「美味しい」だけでなく、「安全・安心」が強く求められています。特に農産物の残留農薬は消費者の意識が高く、万が一、基準違反などの食品事故を起こせば、消費者の信頼を失うだけでなく、経済的損失にもつながります。

また、地産地消の推進から、生産者や直売所自らが食品の加工を行い店舗で販売する機会が増えており、食中毒、異物混入、食品ラベルの誤表示など、食の安全に対する新たなリスクも高まっています。
そこで、東日本で「あんしん直売所」として直売所コンサルティングを行う(株)つくば分析センターと、西日本で「あんしん市場」としてコンサルティングを行う(公財)山口県予防保健協会が提携し、直売所のサポートプログラムと認定基準を全国統一規格とした「食のあんしん認定プログラム」を新たに開発し、全国の直売所・道の駅を対象としたコンサルティングを行っております。

「直売所 食の安全プログラム」とは

このプログラムは、直売所における自主的な安全管理をサポートし、専門機関による食品検査と指導をプラスすることで、農産物の安全性と店舗の衛生管理レベルの向上を図り、より安全・安心な食品を消費者に提供することを目指しています。
さらに、プログラムに参加する直売所は、定期的な検査と自主管理を実施し、認定基準をクリアすると「あんしん直売所」に認定されます。

特徴とメリット

  • 分析会社による安心のトータルサポート
  • 優良な直売所としてあんしん直売所に認定
  • 毎月定額の検査費用で予算化が容易
  • 残留農薬違反や食中毒のリスク低減と予防
  • 生産者及び従業員の安全意識向上
  • 認定書・シール・ポスターで安全をアピール

プログラムの内容

1残留農薬検査

定期的に農産物の残留農薬を検査し、安全を確認するとともに農薬が適正に使用されているかチェックします。

残留農薬検査の特徴
1.国内の登録農薬に限定した検査メニュー
日本国内で登録されている農薬および土壌残留性の高い農薬から200農薬選定した、ポジティブリスト制度に対応したメニューです。
TAC200(国産)
2.スピーディーな検査
検体受付後、3営業日で検査結果をご報告いたします。
3.わかりやすい報告書
作物ごとに異なる最新の残留基準値を報告書に記載します。
4.ISO/IEC17025認定試験所
試験所の能力に関する国際規格であるISO/IEC17025試験所認定を、残留農薬一斉分析で取得しています。
ISO/IEC17025認定試験所とは

試験所において特定の分析を施する所、品質管理及び高度な技術的能力を有するかどうかを権威ある第三者が厳密に審査し、認定基準を満たす場合に与えられる国際規格です。認定取得により、認定範囲において国際的にその信頼性が保証されます。

2店舗の環境微生物検査

  • 調理器具類に細菌がどのくらい存在しているかを調べます。
  • 正しい洗浄・殺菌・保管がされているか確認できます。

3食品細菌検査

  • 食品中に食中毒の原因菌が存在しないか調査します。
  • 調理器具や他食材からの二次汚染がないか調査します。
  • 食品の正しい保管方法がされているか評価します。

4店舗の衛生検査・指導

店舗の衛生管理状態をチェックし、設備、器具、食品の取り扱い、従業員の個人衛生に至るまで、問題点を指摘、改善方法のアドバイスをします。

5食品ラベルの表示指導

原産地、原材料、賞味期限など、複雑な食品表示についてアドバイスいたします。

6生産履歴管理サービス

生産者が提出した栽培日誌を直売所に代わって、つくば分析センターが最新の農薬登録情報を基に基準判定します。

直売所のトレーサビリティーの問題点
  • 提出された栽培日誌の
    管理ができていない
  • チェックが目視のため出荷に
    間に合わない
  • 農薬の専門知識がないので
    チェックが難しい
  • 日誌管理システムの
    導入費用が高い
  • システムは導入したが
    運用していない
  • 日誌チェックの専門
    スタッフが見つからない

つくば分析センターでは、独自開発した農薬履歴管理システム「TACnavi(タックナビ)」を使用して、生産者が直売所に提出した栽培日誌をチェックします。
定期的な残留農薬検査と生産履歴管理を連動して行うことで、生産者の農薬適正使用の意識が高まり、より安全な農産物をお客様にご提供できます。

7販売促進サポート

「食の安全・安心」に対する直売所の取組みをお客様にアピールし、販売促進につながるツールを無料でご提供しております。

あんしん直売所認定書
あんしん直売所認定書

あんしん直売所.comあんしん直売所に認定された直売所を消費者にアピールするために、
各直売所の店舗情報、特産品、イベント情報などを掲載しています。

「食のあんしん認定プログラム」の流れ

事前調査・サポートプランの
ご提案

事前に店舗の概要と安全管理の状況を把握するため、「事前調査表」にご記入頂きます。事前調査表を基に店舗のリスクに応じた1年間の調査内容、検査回数等のサポートプランと年間契約金額をご提案します。

ご契約・「食のあんしん認定プログラム」
参加決定

年間計画の策定

店舗ごとに1年間のアクションプラン及び年間の検査スケジュールを決定し、「年間スケジュール」を作成します。

定期的な検査と自主管理

店舗ごとの年間スケジュールに従って、残留農薬検査、食品微生物検査、拭き取り検査等を実施します。また、農薬の適正使用に関する生産者の指導や農薬履歴管理、調理施設やバックヤードの整理整頓・衛生管理など、日常的な取組として行って頂きます。

改善指導

残留農薬検査で基準違反や登録外農薬の使用が判明した場合や、食品微生物検査・拭き取り検査で衛生状態の悪化や食中毒が危惧される場合には、改善策をアドバイスいたします。また、必要な場合は追加検査や「農薬適正使用講習会」「衛生管理講習会」等のセミナーをご提案いたします。

1年間の取組をセルフチェック

1年間の取組状況を「店舗自主点検シート」でセルフチェックすることで問題点を明らかにし、今後の店舗運営の改善につなげます。

1年間の取組実績を評価

「認定評価票」に基づき、年間の検査実績及び自主管理を含む取組状況を総合的に評価し、点数化並びに5段階評価します。

認定書発行

評価結果に基づき「あんしん直売所」に認定するとともに、有効期間1年の認定書を発行します。

販売促進サポート・ホームページ掲載

「あんしん直売所」に認定された店舗には、認定書の他に「食の安全・安心」に対する直売所の取り組みをお客様にアピールする、販売促進ツールを無料でご提供しております。さらに、店舗情報、特産品、イベント情報、おすすめポイントなどを、専用のホームページに掲載して消費者にアピールいたします。